クリニックにおける人事制度の役割について

営利目的ではないものの、社会保険に関わる税金が投入されていることを鑑みれば、クリニックが経営的な側面を度外視していいわけではありません。最も効率の良い合理的な経営を目指すことは、結果的に社会全体へ貢献することだとも言えます。
年々、厳しくなる医療情勢に対応するには、トップだけではなく、組織全体に経営理念を落とし込み、チームとして医療サービスを提供していく姿勢も重要視されます。

特に、経営と人事制度は切っても切れない関係であり、ここを疎かにしてしまうと職員の意識が低下して医療サービスが低下、患者さんが離れていくという事態を招くことも。

職員の意識やスキルアップのため、どこの医療機関であっても、院外内を問わず様々な研修に参加していることでしょう。しかし、例え、どんなに素晴らしい研修を受けたとしても、実際に自分の職場に戻ってしまうと上手く取り入れられず、そのまま研修の記憶自体が薄れてしまうということは珍しくありません。
なぜ、そうなってしまうのかというと、これまで蓄積された各職場でのルールやプロセス、他の職員の考え方などが大きな妨げになってしまうからです。

せっかく受けた研修を活用し、良いものを取り込んで不必要な部分を取り除く、つまり、新陳代謝をよくするためにはまず、職員が現在、抱えている職務の内容や量を把握し、適正な業務量を割り振ること、そして、適正な評価を行う体制を整えることが必要です。

以前にも増して透明性が望まれている昨今では、評価も上司の気持ち一つで変わるのではなく、出来るだけ数値を用いて透明性を担保し、誰が見てもわかりやすいものに修正を繰り返しながら作り上げていくのです。

評価は給与にも関係します。たまに、難解な給与体系や評価制度を使っているところも見受けられますが、これは逆効果。むしろ、職員間の軋轢や反発を招いてしまうきっかけにもなってしまいます。

わかりやすくシンプルで、誰から見ても透明性が担保されていれば目標も立てやすく、モチベーションの維持にも繋がります。
より経営理念を共有しやすく職員が働きやすい環境を整えるため、今ある制度が適切で活用されているかどうか定期的に見直してみることをお勧めします。