患者さんが欲しい情報は?クリニックのホームページに必要なもの

clinic-hp-information

患者さんが知りたい情報を考える

クリニックのホームページを制作するときは、患者さんがどんな情報を求めているのかを理解することが大切です。

クリニックのホームページで最も多いのは医院の紹介サイト、コーポレートサイトですが、ただの情報発信なのか、近隣の患者さんに来てもらいたいのか、はたまた遠方の患者さんにも来院してもらいたいのかなどによってもアプローチの方法が異なります。

あなたが病気やケガになったとき、クリニックを探すとしたら何を基準に検索するでしょうか?

どんなクリニックか?医師はどんな人か?

医師から見れば、診療科や診療日、時間などを書いておけば分かると簡潔にまとめたホームページも多いですが、患者さんから見れば違いがよく分からないので情報が少ないと不安になるものです。

インターネットは特にお互いの顔が見えないので、できるだけ写真や詳しい説明を書き、患者さんに安心して来院してもらえるようなリアルな工夫が必要です。

診療日・時間とアクセスのしやすさを重視する

電話番号や予約フォームなどの、連絡先は分かりやすく迷子にならないようにどのページからも見られるように記載します。
診療日や時間は「表」にしてまとめると分かりやすいです。

公共交通機関の乗り継ぎ、最寄りの駅からの行き方、車の場合は駐車場があるかないか、徒歩は駅から何分かなど、患者さんがスムーズにクリニックまでたどり着けるようにしましょう。

clinic-hp-information2

よく見られている「診療内容」と「院長紹介」

TOPページの次によく見られているページは、「診療内容」と「院長紹介」の2つです。

医院の得意分野、診療方針など、自分の症状に合った治療をしてくれるかなどを詳しく、文章だけでなく、なるべく写真やイラストなどを入れて説明すると伝わりやすいです。

クリニックは院長の診療ポリシーが色濃く出ますので、通院するのに院長はどんな人か、信頼できる人なのかなど、意外と良く見られています。

またスタッフの写真など、施設内の写真だけでなく実際に働いている写真などもあると、自然な雰囲気が伝わりやすくなります。

まとめ

自身のクリニックの強みや情報をはっきりと詳しく書くことを意識して、ホームページの中身を制作していきましょう。
そうすれば安心感がありますし、アクセスが近いからという理由で選ばれるだけでなく、遠方からの患者さんも来院してもらいやすくなります。

clinic-hp-information